ウォーキング有酸素運動ダイエット

ウォーキング有酸素運動ダイエット

ダイエットには適度な有酸素運動が効果的ですが、有酸素運動といえばウォーキングを連想する人は多いようです。

 

適切な方法でウォーキングをすることで、ただ歩くだけよりも、よりよいダイエットをすることが可能になります。姿勢が悪かったり間違った歩き方をしていると、反対に体を痛めたりケガすることもあるので要注意です。

 

真っすぐ立って歩くことが、ウォーキングでは大事になります。頭の先がひもで引っ張られているイメージで、背筋をまっすぐに伸ばします。

 

目は前方を見据えて、顎は軽く引きます。肩を張って胸をひらき、肘は心もち後ろの方にいくイメージです。

 

腕と肩に余計な力が入らないようにしてします。腹筋には少しだけ力を入れ、お尻を引き締めます。かかと歩きやつま先歩きにならないように、足の裏を全体的に使って体重を支えるようにしてください。

 

有酸素運動であるウォーキングのメリットはいつでもどこでもできること、脂肪を燃焼させることができることです。

 

脳の働きを活発にし、心肺機能を強化し、頭をすっきりさせることができます。特別な道具が必要なわけでもないので、1人で思い立ったときに有酸素運動を行うことができます。

 

ウォーキングは、数ある有酸素運動ダイエットの中でも、運動が苦手な人でも、年齢や性別を問わずにできる方法です。

無酸素運動ダイエット器具

ダイエットに、ダイエット器具を活用する人か増加しています。

 

ダイエットに役立つ器具は用途も目的も色々です。器具の中には、効果的な無酸素運動ダイエットをするためのものもあります。

 

無酸素運動のダイエット器具の中で最も手軽なのがダンベルです。値段も手ごろで場所もとらず、筋トレのために一つは持っておきたい器具です。

 

様々な重さのダンベルが販売されていますが、目的の部位をシェイプアップしたい人は20回ぐらい持ち上げられるもの、筋肉をつけたい人は8回くらい持ち上げられるものが目安です。

 

自分に合った重さのダンベルを利用することが大切です。無酸素運動のためのダイエット器具で人気があるのが、腹筋補助器具です。うかつな状態で腹筋をすると、身体にダメージがいくことがあります。ダイエット器具を活用して、適切な腹筋をする習慣をつけるのもダイエットに向いています。

 

実際に運動をするのではなく、特殊な電波で筋肉に運動したような負荷を与えるEMSもあります。

 

利用されている電気は微弱なものであり、それほど筋肉トレーニングの高価はありません。幾つかある筋トレ器具のサポート的存在と位置づけておくべきだといいます。

 

無酸素運動のためのダイエット器具はいろいろな種類があります。ダイエット器具選びでは、自分の体質や生活習慣などを踏まえて決めることです。