お風呂で背中ダイエット

お風呂で背中ダイエット

背中についてお肉が気になり、ダイエットをしようとしている人が多いといいます。背中についたお肉は案外自分では気が付かないうちについているものです。ある日鏡を見て驚くこともあるのではないでしょうか。ダイエットを成功させ、体脂肪を減らすことで、背中のたるみをスッキリさせることが可能です。

 

風呂でできるダイエットが、背中のシェイプアップにおすすめです。お風呂に入って体を温めた上でするストレッチが背中のダイエットに効果的です。背中に蓄積されていた筋肉は刺激を受けてエネルギーを消費するようになり、たるみを減らします。背中のダイエットのためのストレッチでおすすめなのは、腕を背中に回し、肩甲骨の周囲を動かすものです。僧帽筋という大きな筋肉が背中にはあります。刺激を与えることで蓄積された脂肪がエネルギーに変わり、背中のダイエットに効果的です。

 

右手は下から、左手は上から背後に手を回し、背中の真ん中で手をつなぐ姿勢になります。

 

思うように手をつなぐことができないという人もいるでしょうが、体がやわらかくなっている風呂上がりなどにチャレンジしてみましょう。無理な場合はタオルなどを使っても構いません。背中のたるみには姿勢の悪さも要因となっています。猫背気味な人でも、ストレッチは改善効果があります。風呂でのストレッチで背中ダイエット効果を高めていきましょう。

内臓脂肪を減らしてお腹のダイエット

内臓脂肪は、下腹部がポッコリと大きく見える原因になりますので、ダイエットで減らしたい人は大勢いるようです。

 

内臓脂肪を減らしてお腹ポッコリを解消するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

お腹に貯まった内臓脂肪を消費することで、内臓脂肪を減らすことができます。体重はさほど太っていないのに、内臓脂肪はかなり多いという人もいます。

 

内臓脂肪の計測機能付き体重計があれば、計ってみてください。

 

内臓脂肪を効率的に燃焼させるためには、腰のツイスト運動が適しています。

 

内臓脂肪の消費ができるように腰をゆっくりとねじることで、下腹部のシェイプアップ効果を得ることができるでしょう。

 

足を揃えて、顔を天上に向けて寝ころびます。頭に手を添えて、上半身を持ち上げていくようにします。

 

息を吐きながら両足を揃えたまま左側へ45度程度倒します。次に息を吸いながら両足を元の位置に戻しましょう。

 

左右5回ずつが目安です。腹筋がきついという人は、体を横にしたまま、上半身を持ち上げずに足だけ動かしてみましょう。

 

腰まわりの筋肉を使う運動を続けることで、内臓脂肪をエネルギーとして使うことができます。

 

下腹部の脂肪が気になるという人は、体全体を使った運動より、ウエスト周りの運動が効率的というものです。

 

ダイエットをして内臓脂肪を減少させたいというなら、内臓脂肪を集中敵に消費する運動が向いています。